軽井沢グルメガイド

御案内 旧軽井沢 新軽井沢 アウトレット 南軽井沢 中軽井沢 信濃追分 北軽井沢 北軽(嬬恋) 嬬恋村
■軽井沢グルメガイドの御案内

■間違いだらけのグルメガイド利用方法
  1.雑誌や本で調べる場合の注意点
  2.ネットで調べる場合の注意点
  3.インターネット口コミについて
  4.観光地とセットで考えてみる
  5.味なの、店なの、接客なの?
  6.ふれあい? プライベート?
  7.何を求めているのか?



■旧軽井沢でグルメ
■新軽井沢でグルメ
■アウトレットでグルメ
■南軽井沢でグルメ
■中軽井沢でグルメ
■信濃追分でグルメ
■北軽井沢(長野原)でグルメ
■北軽井沢(嬬恋)でグルメ
■嬬恋村でグルメ





軽井沢グルメガイドの更新

 はやく軽井沢グルメガイドを完成させなければ。作り始めて、もう2年もなるのに、まだ3割しかできてない。なのに、その間に潰れる店あり、新規オープンの店ができたりで、飲食業は戦国乱世の時代です。で、潰れる店というのは、不味い店かというと、そうではない。どちらかと言うと、やる気のあった店。むしろボロボロの店の方が長続きしている。いわゆる老舗は、どんなに客が減っても細く長く続けている。

 その反対に、やる気まんまんの店は、途中で息切れして倒れるケースが多いんです。これは凄いと思っても、5−6年たつと潰れている。むしろボロ屋で、やる気あるのかなあという感じで、40年くらい店をやってるところの方が、根気強く続けています。はたからみて、こんな客入りで経営がなりたつのかなと思うんですが、こういう店の方がしぶとい。不思議なものです。

 ドライブイン・ラブホテル・モーテル・ペンションなんかは、アッという間に大繁盛して、アッという間に消えていきました。でも、そういう群雄割拠の時代にも、老舗の店は、マイペースで細々と続けていて、いつのまにか、何か1品くらい名人芸を身につけていて、それが徐々に口コミで評判が広がっていったりする。不思議なものです。



軽井沢グルメガイドの御案内

 軽井沢グルメガイドにようこそ。まず最初に言っておかなければならないことがあります。この軽井沢グルメガイドは、私の独断と偏見によって書かれてあることを。つまり、ある種のフィルターがかかっていることを御承知ください。

 とはいうものの、どんなグルメガイドにも何らかのフィルターがかかっているものです。たとえば、市販されている書籍のグルメガイドなどは、企画広告(レストランが出版社に金を払っている)であるために、店側にとって、都合の悪いことは書かれていません。実は、そこが重大な問題であったりします。

 店側にとって、都合の悪いこととは、『店の欠点』のことです。
 しかし、欠点は長所でもあります。
 それをあえて隠すのが企画広告によるグルメガイドです。

 私は、宿を経営しています。その関係上、本当に困るのは、この隠された欠点(長所でもある)が存在することです。たとえば、お盆やゴールデンウィークのピークの時に、生まれて初めて軽井沢に遊びに来た幼児連れのファミリーの御家族の皆さんが、
「★★★で食事をしたい!」
とおっしゃった時に、
「お盆の★★★に行くには、数時間の渋滞と、莫大な駐車料金と、席待ちの行列を覚悟しなければならないし、一家四人の食事費用も、目が回るくらい高いですよ」
と、わざわざ言わなければなりませんが、これも企画広告によるグルメガイドに欠点がきちんと明記されていないから、こちらが余計な説明をしなくてはならなくなります。

 某店は追加注文を禁止しているし、
 某店は幼児を断っているし、
 某店は駐車場が無いし、
 某店は一流なのに格安だがメニューは4つしかないし、
 某店は味は良いのに店が古いときている。

 みんな、それぞれ欠点があるのです。
 しかし、その欠点は長所でもあります。

 某蕎麦屋は、軽井沢にしては値段は安く、かなり美味しいのですが、グルメの皆さんが敬遠するドライブイン形式の店です。私は、その蕎麦屋に、お盆やゴールデンウィークのピークの時に、生まれて初めて軽井沢に遊びに来た幼児連れのファミリーの御家族の皆さんにおすすめしていますが、多くの皆さんは、ドライブイン形式の店ということで、嫌な顔をされます。しかし、私に騙されて入った御客様は、案外、良かったとおっしゃる人が多いのです。

 しかし、企画広告によるグルメガイドだけを盲信して店を選んだ御客様は、混雑や価格や待った時間の長さで、いらいらされながら帰ってくる人が多いものです。それは決して店が悪いというだけの問題ではなく、店との相性の問題を無視して店を選んだから悪いのであって店の責任は薄いと思います。

 じゃあ、企画広告によるグルメガイド以外のガイドを信じればよいかと言いますと、それも違うでしょう。私どものサイトにも、何らかのフィルターが存在していますし、口コミにしても、ひとそれぞれのフィルターがあるからです。

 観光協会のサイトにだってフィルターは、存在しています。ホームページ上に氾濫しているタウンガイドだって、多くは、店から広告費をとって宣伝しているものが多く、企画広告と何ら変わりがないのが現実です。そうでないケースも全くない訳でもありませんが、そういうサイトにもフィルターが存在しているのも事実です。それを頭に入れた上で、各種のグルメガイドを参考にすると、間違いの少ない選択が可能となると思います。

 グルメだけを目的に旅する人と、グルメは旅の一部と考えている人と、とにかく食べられればいいと考える人では、レストランの選択に大きな違いがでてくるはずです。そのへんを良く考えたうえで、この軽井沢グルメガイドを使用してください。
古い情報もございますので、必ず最新情報を確認するようにしてください。

軽井沢おもちゃ王国の遊び方軽井沢の観光北軽井沢観光案内ユースホステルの宿泊案内